子育てしながら働きやすい限定正社員とは?

最終更新日: 2018年8月07日

子育てしながら働きやすい限定正社員とは?のアイキャッチ画像

子供の預け先が見つかったとしても、転勤を命じられたリ、残業が多い仕事だと、働き続けるのが難しい人が多いと思います。

だからといって、アルバイトにすると収入が少なくなってしまうので、できれば正社員がよいという気持ちを持っている方もいるでしょう。

そういった場合は、最近注目されて増えてきている限定正社員になることを考えてみてはいかがでしょうか。

子育てをしながらでも働きやすい限定正社員とはどういったものなのかについて解説していきます。

限定正社員とは?

限定正社員とは、転勤がなかったり、残業がない、正社員のことをさします。

転勤がない限定社員は「地域限定正社員」や「エリア限定正社員」などといわれています。

残業がない限定社員は「勤務時間限定正社員」などといわれています。

一般的な正社員は、転勤を命じられるとその命令には従わなければならず、残業も基本的に断ることは難しいです。

そういったことから、より柔軟な働き方ができる雇用形態が求められるようになり、限定正社員が誕生しました。

限定正社員は、勤務場所や時間が限定される反面、給与は正社員の8割ほどに抑えられることが多いです。

しかし、福利厚生や休日などについては、正社員と同じように与えられていることが多いです。

昇進に関しては、限定正社員のままでは上限があるケースが多いので、もしそれ以上を目指したい場合には正社員に転向する必要があります。

限定正社員を導入している企業では、正社員への転向を可能にしている企業が多いので、将来的にさらなるキャリアップを目指すことができます。

派遣社員ではなく限定正社員を選ぶメリットとは?

地域や時間を限定する限定正社員の求人を探すのならば、派遣社員になったほうが良いのではないかと思う人もいるかもしれません。

確かに人よっては派遣社員の方がよい場合もあるのですが、限定正社員には派遣社員にはないメリットもあります。

限定正社員は期限の定めのない雇用形態である

限定正社員は、正社員とあるように、雇用契約に期限がありません

ですので、問題などを起こして解雇されることがない限り、永遠と働き続けることができます。

一方で、派遣社員は期限に定めがあるので、その期限がきてしまえば更新がない限り雇用契約が無くなってしまいます

期限を満了さえしていれば派遣社員を企業が辞めさせることは何の問題もないので、まだ働きたいと思っても更新をしないといわれると反論をすることができません。

給与や福利厚生が充実している

限定正社員は正社員に比べると給与が減ってしまいますが、それでも大方のケースで正社員の8割前後の収入を得ることができます。

またボーナスも支給されます。

しかし、派遣社員は時給が決まっており、一般的に正社員に比べて給与額はかなり少ないです。

もちろん、ボーナスもありません。

また、昇進をすることができないので、同じ業務をする派遣社員をしている限り、給与額はほとんど変わりません

福利厚生に関しても、限定正社員は正社員と同じ福利厚生を得られることが多いです。

交通手当などの各種手当を正社員と同じように支給してもらえます。

しかし、派遣社員は派遣会社の福利厚生が適用されるので、派遣会社が交通費やその他手当を用意していなければ、もらうことはできません。

こように、派遣社員に比べても、限定正社員になることには十分なメリットがあるといえるでしょう。

女性の活躍に期待している企業が限定正社員を導入するケースが多い

正社員よりも柔軟に働くことができる限定正社員を導入する企業には、女性社員を積極的に雇いたいと考えている企業が多いです。

そういったことから、限定正社員という雇用形態を導入しているだけでなく、育休や産休が取得しやすかったり、育休や産休からの復帰時に時短勤務を可能にしていたり、女性へのサポートが充実していたりと、女性の働きやすい職場である可能性が高いです。

女性が求人を探す際には、まず限定正社員の求人を探すべき、と言えるくらいに、限定正社員の求人を探すことは、女性にとってメリットが多いです。

限定正社員の求人はどれ位あるのか?

非常に魅力的な限定正社員ではあるのですが、今の段階ではまだ求人が少ないのが現状です。

しかし、求人サイトなどで検索をしてみると、いくつか限定正社員を導入した企業が見つかるので、調べてみるとよいでしょう。

私が調べた範囲では、限定正社員の多くが勤務地を限定した求人でした。

一方、時間を限定した、限定正社員については見つけることができませんでした。

このように、まだまだ少ないのですが、今注目されている働き方でもあるので、これからどんどん増えていく可能性もあります。

一度検索してあきらめるのではなく、継続的に良い求人がないかアンテナを張っておくとよいでしょう。

まとめ

女性を採用したい企業が限定正社員という雇用形態を用意するケースが増えています。

限定正社員には、勤務地を限定する場合と、働く時間を限定する場合がありますが、今は勤務地を限定するケースが多いようです。

限定正社員を導入する企業は、女性が働きやい環境を整えていることが多いので、求人サイトで限定正社員を検索して探してみるとよいでしょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

子育て主婦の仕事探しガイドトップページへ戻る

上へ
戻る