主婦が面接で好印象を与えるための就活メイク

最終更新日: 2017年7月24日

主婦が面接で好印象を与えるための就活メイク術のアイキャッチ画像

独身時代や子供が産まれる前なら、メイクやヘアースタイルにお金や時間をさいていた女性でも、子供が産まれた途端、身なりを気にしなくなる女性が多いです。

実際、子育て主婦になると、朝から家事や育児に追われ、気づいた時には子供の幼稚園バスがくる時間に。Σ(゚д゚lll)

少しでもスッピンの部分を隠すため、大きなマスクを装着し、ボサボサの髪を1つに束ねたり、帽子を被ったりして、子供を送り出すことも度々あるようです。

しかし、これから仕事探しをしようと考えている主婦にとって、メイクは、とても大事なことです。

何故ならば、下のイラストを見てもらえば分かるように、同じ顔でもメイクの仕方を変えることによりクール系に見せたりソフト系に見せたりできるからです。

下のイラストでは、比べやすいように、左側にはクール系のメイク右側にはソフト系のメイクを施しています。

顔の左側にクール系のメイクを施し、右側にソフト系のメイクを施した、完成例

子育て主婦の方が就職活動をする上で、どのような就活メイクをすればよいのか詳しく説明していきます。

今回の記事は、堺マザーズハローワークでビジネスメイクセミナーを担当している、堺女子短期大学美容生活文化学科の学生を指導されている、重山香苗学長と西田かおり先生にご協力いただきました。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

子育て主婦の仕事探しガイドトップページへ戻る

上へ
戻る