主婦向け就活メイク、メイク道具とスキンケア編

最終更新日: 2018年8月07日

メイク道具

子供が産まれてからは、メイクをする機会も減り、メーク道具も最小限のものしかないという主婦の方もいます。

就職活動のために、今あるメイク道具だけで足りるのかと、不安に感じている主婦の方も多いと思います。

その様な不安を解消するためにも、まず初めに、最小限持っておいた方がよいメイク道具には、どういったものがあるのか見ていきましょう。

  • メイク下地
  • コンシーラー
  • ファンデーション
  • アイブロウ
  • アイシャドウ
  • アイライナー
  • マスカラ
  • チーク
  • リップ

次に、実際の就活メイクをする上で気を付けるポイントを見ていきましょう。

就活メイクは、バッチリメイクをするのではなく、ナチュラルメイクをすることが鉄則です。

スキンケア

スキンケアのアイキャッチ画像

メイクをするうえで肌の調子を整えておくことは、非常に大切です。

肌の状態を整える事により化粧のりが良くなったり、化粧崩れを防ぐことができます。

化粧水を使って肌を整える場合は、お風呂から上って直ぐに、顔をタオルで軽く押さえてから、肌が乾く前(肌が柔らかく・毛穴が開いてる状態)に化粧水をつけると効果が高いです。

しかし、子持ち主婦、特に子供が小さいうちは、お風呂から上って直ぐに化粧水をつけている余裕なんてありません。

やっと落ち着いて化粧水をつける頃には、肌が乾燥した状態になっていることが多く、乾燥してしまった肌に化粧水をつけたとしてもあまり意味がありません。

また、化粧水をたっぷりつければ乾燥を防げるということでもないのです。

スキンケアの効果的なやり方

メイク前のスキンケアは、できるだけシンプルに仕上げるのがおススメです。

肌の状態にもよりますが、あれもこれもつけすぎると肌になじまないため、結局は、メイク崩れにつながります。

化粧水ならば適量は、500円玉の量と言われています。

500円玉の量といっても、1度にその量をつけるわけではなく、3回ほどに分けてつけると浸透が早く効果的です。

3回に分けることで皮膚の上に化粧水の層を3層作ることができます。(ミルフィーユのような状態)

化粧水をミルフィーユのようにつけることにより、暖房やクーラーなどの乾燥で1番上の層の水分がとられたとしても、2層3層とあるため、乾燥から肌を守る事ができます。

化粧水の付け方としては、乾燥などの気になる部分(ほとんどの皆さんが乾燥しがちな口→頬→目の周り)から指のはらなどを使って肌の中に化粧水を入れ込むような気持ちでつけていき、1層目がなじんだら2層目・3層目と同じ方法で進めていきましょう。

化粧水を肌に入れ込む写真

この方法で化粧水の層(ミルフィーユのような状態)を作ることにより、肌は水分でうるおいます。

お風呂上りなどに、子供の世話でバタバタしている場合なども、ミストスプレーなどにいつも使われている化粧水を詰め替えておき、肌が乾燥する前に、とにかく化粧水をたっぷり振りかけておきましょう。

その後に、用事などが、落ち着いたら、化粧水をミルフィーユ付けすることをお勧めします。

しかし、化粧水には乳液・美容液・クリームほど潤い成分がないため、そのままにしておくとどんどん乾燥が進んでいきます。

一旦、浸透した水分を逃さないためにも、美容液・乳液・クリームなどを使い蓋をすることが凄く大事です。

美容液のアイキャッチ画像潤いを逃がしたくないからと化粧水の後に美容液・乳液・クリームのすべてを塗る必要はありません。

大事なことは、美容液・乳液・クリームの中から、どれか1つ自分の肌にあった物で化粧水の上から蓋をすることです。

美容液
仕上がりはサッパリするため、汗をかきやすい人やメークが崩れやすい人にお薦めです。
乳液
仕上がりはしっとりするため、乾燥肌の人にお薦めです。
クリーム
仕上がりは、よりしっとりするため、超乾燥肌の人にお薦めです。
※夏場は汗もかきやすいため、クリームは避けるほうがよいでしょう。

西田先生お勧めの簡単にできるフェイスケア

唇に蜂蜜を塗る

makeup-tool-skincare-5.jpg唇が荒れてる時は、リップをわざわざ買わなくても、はちみつを塗って上からラップをしてパックをすることで、しっとりつやつやになります。



顔を小麦粉で洗う

makeup-tool-skincare-6.jpg小麦粉のでんぷんの分解酵素で角質が取れて毛穴の黒ずみなどもとれ、ツルツルになります。

大さじ一杯ぐらいの小麦粉を水か、お湯で乳液ぐらいのトロトロさになるように手の上でときます。

クレンジングして洗顔をした後にといた小麦粉を顔につけてクルクルマッサージしてから水やお湯で小麦粉のカスを洗いながします。(髪の毛に着くと固まってしまうので気を付けましょう)

その後、化粧水などのスキンケアをすると肌もツルツルになり化粧乗りも凄くよくなります

市販のジェルなどの角質とりは、肌に負担がかかるので週1回くらいにしたほうがよいですが、小麦粉は、食べる物なので毎日使用しても問題ありません。

また、小麦粉の方がお手軽な値段なので気軽に始めやすいでしょう!

小麦粉アレルギーのある方は、赤くなったりするのでやめておきましょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

子育て主婦の仕事探しガイドトップページへ戻る